メディアとしてのHP

現在では、 ホームページはメディアのひとつとしての地位を確立している。 ホームページはもはや特殊な存在ではなく、子どもからお年寄りまで、多くの人が日常的に使っている。 ホームページが一般に普及するにつれて、ホームページのレイアウトも標準的な型といえるものが主流を占めるようになり、パターン化が進んできた。ユーザーは、多くのサイトを見るうえで 培われたホームページとはこういうものという常識」をもってサイトに訪れる。したがって、多くのサイトで採用されているやり方を踏襲するほうがわかりやすいサイトになることが多い。サイトとしての個性は必要だが、左上にサイトの口ゴを配置する、ページの上部やサイドにナビ ゲーションを配置するといった基本的な部分に関しては、一般的なサ イトのパターンを踏襲したほうが、ユーザーも迷わずにサイトを利用す ることができる。多くのサイトで利用されている典型的なパターンを理 解して、サイトの特性に合わせて使い分けられるようにしたい。ホームページをデザインするうえで重要なのは、奇をてらうことではな く、機能性と美しさのバランス、標準的な操作性とサイトの個性のバ ランスをとりながら、サイト全体として価値を提供することにある。