ユーザー目線

使いやすいホームページを作るうえで大切なことは、ユーザー目線を意識し続けることだ。仕事としてホームページの作成に携わっている人でも、普段の生活の中では、ユーザーの立場としてサイトを利用することもたくさんあるだろう。常にユーザーにとって使いやすいサイトとは何か、どのような表現方法をするとユーザーはより利用しやすくなるのかなどを、ユーザー側としての実体験をしておき、その実体験を理解しておけばいずれはホームページの作成に大きく役に立つときがくるだろう。 しかし、ユーザー目線を意識し続けるということは、難しいことでもある。利用者であるときはユーザー視点でも、いざサイト制作者の立場になると、ホームページ作成にまつわるさまざまな制約を知っているために、客観的に見ることができなくなってしまう。しかし、ユーザーにとってはホームページの制作者の内情はまるで関係がないだろう。大切なのは、そのホームページがユーザーからみてどのように表現されているかだ。むずかしいことではあるが、自分が作っているホームページに対しても、ユーザー目線を意識して客観的に判断できるようにしたいものだ。