東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
Arrow
Arrow

プログラミング言語の種類

ホームページの作成の際に使われる主なプログラム言語について説明します。
ここでは、プログラム言語として代表的な「HTML」「CSS」「JavaScript」を紹介します。

まず、HTMLはホームページの「文書構造」を定義するためのプログラム言語です。
文書構造という言葉は聞きなれない方が多いと思いますが、簡単にいうと「どこに何がどんな順番で書いであるのか」ということです。本の目次をイメージするとよいでしょう。
HTMLは正確には、「HyperText Markup Language (ハイパーテキスト・マークアッ
プ ・ ランゲージ)」と言います。
この、HTMLでは、タグと呼ばれる構文を使って、ホームページの文書椛造を定義するとともに、具体的な文章や画像などをページに埋め込む記述をします 。

次に、CSSは、ホームページの「装飾」を担当するプログラム言語です。
大将把に言うと、ホームページの見栄えを整える言語という理解でOKです。
正確には、「Cascading Style Sheets ( カスケーデイング ・スタイル ・シート)」と言い、文字の色や大きさ、行間のサイズや余白の大きさ、表示する画像の大きさを変えたりすることができる言語で、HTMLとは異なる構文を使って記述します。

そして、JavaScriptは、ホームページの「動作」を担当するプログラム言語です。
大雑把に言うと、ホームページに動きを付ける言語です。
HTMLで書いた文書構造やCSSで書いた見栄えの情報を、JavaScriptという構文を使って書き替えることによって、自動的にカウントダウンするタイマーやスライドショーなどといった動作を組み込むときに使います。
近年は、JavaScriptをより使いやすく拡張したjQuery(ジェイクエリー)という構文が注目されています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です