東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
Arrow
Arrow

費用対効果からみるWEBマーケティング

SEO はWeb のマーケテイング施策のーつとされていますが、実際には Google や
Yahoo の広告メニューではありません。一方で、リステイング広告はクリック数に応じ
て支払いが発生する広告サービスです。つまり、リステイング広告は、集客を強めれば
それだけ費用が発生するのですが、 SEO はいくら集客ができたとしても費用が一切発
生しません。
しかし、だからと 言って費用対効果は絶対的に SEO が勝るとは言えません。なぜな
ら、 SEO に取り組む場合、ユーザーを満足させるコンテンツ作成を行う労力や、 SEO
に関する知識やノウハウが必要だからです。多くの企業では自社で SEO に知見のある
人材を育てるよりも、外注で SEO 業務をアウトソースしているケースが多く、実際に
はその外注資を考えると無料ではないためです。ただ、毎年発表される Webマーケティ
ングに関する調査アンケートやインターネット白書によると、多くの企業が SEOの
この外注費用や自社での SEO の内製化費用対効果が最も良かったと回答しており、
SEOの費用対効果が非常に高いことがうかがえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *