東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
Arrow
Arrow

費用対効果からみるWEBマーケティング

SEO はWeb のマーケテイング施策のーつとされていますが、実際には Google や Yahoo の広告メニューではありません。一方で、リステイング広告はクリック数に応じ て支払いが発生する広告サービスです。つまり、リステイング広告は、集客を強めれば それだけ費用が発生するのですが、 SEO はいくら集客ができたとしても費用が一切発 生しません。 しかし、だからと 言って費用対効果は絶対的に SEO が勝るとは言えません。なぜな ら、 SEO に取り組む場合、ユーザーを満足させるコンテンツ作成を行う労力や、 SEO に関する知識やノウハウが必要だからです。多くの企業では自社で SEO に知見のある 人材を育てるよりも、外注で SEO 業務をアウトソースしているケースが多く、実際に はその外注資を考えると無料ではないためです。ただ、毎年発表される Webマーケティ ングに関する調査アンケートやインターネット白書によると、多くの企業が SEOの […]

» Read more

utf-8(ユーティーエフ・エイト)とは

utf-8(ユーティーエフ・エイト)は文字コードの種類の1つで、多言語に対応した国際標準の規格です。 文字コードの対応表は前述の通り、ホームページを閲覧する人のパソコンやスマホに内蔵されていますので、誰が閲覧しでも文字化けしないように、広い範囲をカバーした utf-8 を使うことが推奨されています。 meta(メタ)は文書に関する付属情報という意味で、後ろに半角スペースを1個空けて情報の種類と設定値を記述します。 charset (キャラセット)は文字コードの名前という意味で、utf-8が具体的な名前です。 また、ページのタイトルは、ホームページを開いたときブラウザのタブに表示されるほか、インターネット検索の結果ページに表示されることもありますので、 必ず設定しておきましょう 。 HTMLをエディタを使って実際に書いてみると、HTMLはタグの内側に別のタグを内包することができる“階層構造”を持つということが何となくおわかりいただけるかと思います。 HTMLは単なる文法としてではなく、階層構造を意識して立体的に捉えることが重要です。

» Read more

プログラミング言語の種類

ホームページの作成の際に使われる主なプログラム言語について説明します。 ここでは、プログラム言語として代表的な「HTML」「CSS」「JavaScript」を紹介します。 まず、HTMLはホームページの「文書構造」を定義するためのプログラム言語です。 文書構造という言葉は聞きなれない方が多いと思いますが、簡単にいうと「どこに何がどんな順番で書いであるのか」ということです。本の目次をイメージするとよいでしょう。 HTMLは正確には、「HyperText Markup Language (ハイパーテキスト・マークアッ プ ・ ランゲージ)」と言います。 この、HTMLでは、タグと呼ばれる構文を使って、ホームページの文書椛造を定義するとともに、具体的な文章や画像などをページに埋め込む記述をします 。 次に、CSSは、ホームページの「装飾」を担当するプログラム言語です。 大将把に言うと、ホームページの見栄えを整える言語という理解でOKです。 正確には、「Cascading Style Sheets ( カスケーデイング ・スタイル ・シート)」と言い、文字の色や大きさ、行間のサイズや余白の大きさ、表示する画像の大きさを変えたりすることができる言語で、HTMLとは異なる構文を使って記述します。 そして、JavaScriptは、ホームページの「動作」を担当するプログラム言語です。 大雑把に言うと、ホームページに動きを付ける言語です。 HTMLで書いた文書構造やCSSで書いた見栄えの情報を、JavaScriptという構文を使って書き替えることによって、自動的にカウントダウンするタイマーやスライドショーなどといった動作を組み込むときに使います。 近年は、JavaScriptをより使いやすく拡張したjQuery(ジェイクエリー)という構文が注目されています。  

» Read more

水平線を導入する

  ホームページがいくつかの記事や項目に分かれているときなど、水平線を挿入して区切るとより見やすくなります。 水平線を設定するには、水平線を挿入する前の行の終わりにカーソルを移動し 点滅しているのを確認して、[挿入]メニューから[水平線]を選択し ます 。この [水平線]コマンドでは自動的に改行が行われて水平線が挿入され、水平線の後も 改行されます。 [挿入] – [水平線]メニューを選ぶと 、2ピクセルの高さの水平線がウイン ドウの幅い っぱい ( 100%)に挿入されますが、水平線の幅や高さ、配置、色などを設定したい場合は、挿入した水平線を右クリックしてショートカットメニュー から[水平線のプ ロパティ]を選ぶか、水平線をダブルクリックして行います。また、水平線に幅、高さ(太さ)、色などを設定することにより、好みの水平線を作成 することができます。設定は [水平線のプ口パティ] で行います。 HTMLの水平 線では物足りないというときには細長い画像を代わりに使ったり、テキスト文字をアレンジして使うのも面白いでしょう。  

» Read more

レンダリングエンジン

現在のメジャーブラウザに搭載されているレンダリングエンジンは、主に4種類で ある。 Safari やGoogle Chrome はWebKi 、Firefox はGecko 、 Opera はpresto 、Internet Explorer はTridentというエンジンを搭載している。 XHTMLや CSSの解釈や表示は、 Web標準にもとづくようになっ ているものの、レンダリングエンジンごとに微妙に異なる場合がある。 WebKit 、Gecko 、 Presto はWeb標準サポートに積極的であり、さら にHTML5やCSS3など新しい仕様にもだいぶ対応している。一方、Trident はIE8 搭載バージョンになってやっと、 CSS2.1 をほぼサポー 卜したレベルである。 現在のWebサイト制作では、古いブラウザもターゲットに含めるこ […]

» Read more

意欲を喚起する

  赤は暖色と呼ばれているだけに、温かさ、熱のある梯子の表現に長けている。ときにダーク系の中間色との取り合わせで使用したときは、炎のように情熱的 でインパクトの強いビジュアルになる。 赤からオレンジ、黄色と連なる隣接色相のカラー テーマは、彩度が高い色あいの場合、輪郭がはっきり していて勢いのあるモチーフに適する。彩度の高い色に黒を足したようなシェードカラーに合わせると、タフな印象に。一方で、あざやかな赤に白っぽい中間色を合 わせると、温かみのある表情がつくれる。どちらの場合 も、赤いモチーフの周囲に補色の緑色を配すると、赤が一層引き立つスタイルになる。ただし、補色は原則的に彩度を抑えた色に整えないと、画面全体の一体 感が削がれる可能性も。

» Read more

上部ナビゲーション型のレイアウト

ページの上部は、一般的にはページ内でもっとも目立つ場所であり、ナビゲーションを明確に認識してもらうには適した場所といえる。また、ナビゲーションはページを移動するためのツールであると同時に、サイト内での現在地を示す役割を担うことも多い。ページ上部に配置されたナビゲーションは、ページタイトルの位置とも近く、サイトの情造を示しやすい。 ホームページで、は、一般的に縦方向はスクロールして見ることが前提となっている。一方、横方向にはスクロールしなくても見ることができるようにしておく必要がある。そのためページの横幅は限られていて、またホームページ上の文字は一般的に横書きなので、あまり多くのリンクを配置することは難しい。したがってサイトの構造としては、6つ程度の大分類で構成されるサイトに適したレイアウトだといえる。

» Read more